News:告知情報 of 有礒正八幡宮(有礒神社)- 公式ホームページ




HOME > News:告知情報

12月〜1月の行事

注連縄づくり体験 〜しめなわづくりたいけん〜                   
12/24(月)  午前10:00〜『第一部』、午後1:00〜『第二部』、午後3:00『第三部』

928D98A93EA82C382AD82E891CC8CB1.png

注連縄(しめなわ)は聖と俗を画す境界線のことで、その由来は古く『古事記』の「天岩戸開き」にも出てきます。神棚の注連縄は、神符(おふだ)とともに年に一度交換します。これは、家の中を常若(とこわか)の状態(常に清浄でで元気のある空間)にしておきたいという、祈りから生まれた日本固有の習慣です。

▽注連縄づくりの体験教室
・期日 :12月24日(月)午前10:00〜午後4:30

◎第1部/午後10:00〜 ◎第2部/午後1:00〜 ◎第3部/午後3:00〜 
     ※各部とも所要時間は約90分です。各部とも定員15名
・場所 :当社社務所にて
・費用 :1,000円/本(小学生以上から参加できます) ※材料費、お祓い料を含みます。
・備考 :お電話にてご予約ください。
     各部毎、先着15名様限定とさせていただきます。
     体験終了後、社殿にて特別参拝をし、注連縄に守護府を付けてお渡し致します。


▽注連縄市の開催(午前10時〜午後4時まで)
 当日拝殿では、神棚用しめ縄や伊勢式しめ縄の頒布も行います。お正月の準備にご活用下さい。

伊勢式注連縄.jpg

年越の大祓 〜としこしのおおはらえ〜                   
12月23(日)〜12月31日(月) 早朝〜午後6:00

新年を迎えるにあたり、一年間の罪穢れを祓い清めます。
「年越の大祓」は、一年の間に知らず知らずのうちに身についた罪・穢(つみけがれ)を祓い清めて、身も心も清々しい姿に立ち返り、新年を心静かに迎えられるようにと祈る神事です。ご家族おそろいでお参り下さい。

榊葉&人形.png◎榊清め神事
・小麻(こぬさ:榊に麻をつけたもの)で心身を祓い清めます。※当社のみの特殊神事です。拝殿前の小麻にてご自由にお清めください。
◎人形(ひとがた)神事
・自分自身の身代わりとして人形に様々な災いを吹き移し、罪穢れを託すものです。


・期日 :12月23日(日)〜31日(月) 早朝〜午後6:00まで
・場所 :当社拝殿にて
・お祓料:お志を賽銭箱にお納めください。
・形態 :どなたでも自由にご参拝ください。

新年特別祈願 〜しんねんとくべつきがん〜                   
1/1(火)午前0時〜午後5時頃、1/2(水)午前7時〜午後5時頃

厄祓い(大厄・前厄・後厄・厄明け)、身祝、家内安全、事業繁栄、学業成就、心願成就、病気平癒などのご祈願を行います。

H31_大厄払い@.jpg
LinkIcon平成31年厄年身祝い一覧表はこちら

・期日 :1月1日(火)午前0:00〜午後5:00頃、1月2日(水)午前7:00〜午後5:00頃
・申込 :予約の必要はありません。直接社殿にお越し下さい。当日の受付順にご案内致します。
・祈願料:5,000円〜 ※封筒の表に「玉串料」、お名前をご記入下さい。
・形態 :一家族毎のご祈願となります。ご家族お揃いでお参り下さい。
     ※元旦の午前10時〜午後2時頃までは大変混み合いますことをご了承ください。
・備考 :1月3日(木)以降も、ご祈願は毎日受付しております。予めお電話にてご予約下さい。
     ※厄祓や身祝は、元旦から節分(2月3日)までに行うと良いとされています。

左義長祭 〜さぎちょうさい〜                   
1/14(月)午後4時〜午後7時半まで

左義長祭@.jpg

旧年の一年間、家族を守って下された「大麻(おふだ)」や「お守り」に感謝し、御神火(ごしんか)をもって焼納し併せて正月の松飾りや注連縄・熊手などの縁起物を焼く火祭りです。この御神火にあたると病気にかからないとも伝えられており、また、書き初めを燃やして高く舞い上がると書道が上達するとも言われています。

・期日 :1月14日(月)午後4時〜午後7時半
・場所 :当社境内にて
・形態 :氏子地域の各町内で獅子舞が披露されます。
     詳しい日時は各町内までお問合わせください。
・備考 :▽焼納できるモノは下記の通りです。
     ・旧年の大麻(おふだ)やお守りなど
     ・熊手や破魔矢(はまや)などの縁起物
     ・注連縄や松飾り
     ・書初め(一人3枚程度、清書したモノに限ります)
     ※その他のモノについては事前にお問い合わせ下さい。
     ※お持ちななった紙袋やビニール袋はお引き取り頂いております。
     ※左義長祭の継続のためにもご協力頂きますようお願いします。

安産祈願 〜あんざんきがん〜                   
平成30年12月〜平成31年1の戌の日


巻き初める 岩田の帯の弛みなく・・・。安産の神、水天宮のご加護を頂き、腹帯に祈りを添えて、安産多産の犬にあやかる「戌(いぬ)の日」安産祈願。

有礒正八幡宮_髪上祝
・期日 :下記をご参照ください。
・祈願料:5,000円〜 
・申込 :当社社務所まで、電話にてご予約下さい。
・形態 :一家族ごとの祈願となります。
    「腹帯」をご持参下さい。

犬は安産で多産であることから、安産祈願を「いぬ(戌)の日」に行う風習があります。当神社には、安産の御神徳が高いとされる水天宮の神様・八幡宮の神様がおまつりされています。「戌の日」は、下記の通りです。


▽12月
8日(土)、2日(木)

▽1月
1日(火)、13日(日)、25日(金)
※「戌の日」以外でも安産祈願は受けつけています。


獅子御守り 〜ししおまもり〜                   
獅子頭総覧にあわせて頒布しております。


獅子御守り_info@.jpg

獅子頭を象った「獅子御守り」を奉製致しました。

獅子舞は邪気を祓う神事として古くから伝えられています。「獅子御守り」は邪気除けの神気をお入れした御守りです。平成26年の9/19に当社御神前にて奉製奉告祭を執り行い、9/23の獅子頭総覧から頒布開始しております。

・頒布価格:1,000円/体 



鋳造御守り 〜ちゅうぞうおまもり〜              


鋳物の神様である石凝姥神(イシゴリドメノカミ)を祀る当社では、
3種の鋳造御守りの頒布中。

※お気軽に、当社社務所までお問い合わせください。

誓い獅子.jpg誓い獅子.jpg御神鳥.jpg御神鳥.jpg真澄鏡.jpg真澄鏡.jpg